買い取り中

家賃の上がり下がり

黄色い家の模型と手

賃貸物件の家賃相場は、徐々に低くなってきていると言えます。その理由としては、デフレに入って物価が低くなっているのも要因の一つに挙げられますが、他にも日本の人口が伸び悩んでいることも理由の一つとして挙げられます。 とくに地方では過疎化が進んでいるところもあり、そういった場所ではかなり賃貸物件の価格は下がり始めています。 入居率をアップさせるためにフリーレントキャンペーンを行っていたりして、実質的な価格が抑えられているという側面もあります。賃貸を求める人には素晴らしい時代であると言えますが、賃貸物件を所有して利益を得ようと思っている人には難しい時代になったと言えるでしょう。ただし、工夫しだいでは入居者はいくらでも集めることができるので諦める必要はありません。

家族全員で住まわれる事が多かった賃貸も、現在では一人暮らしや単身赴任のサラリーマン向けの物件が増えてきています。 しかし一人暮らしに最適な物件であったとしても、空間を上手く使う事で家族が暮らしやすい様に工夫をしている物件も増加中なのです。 一人暮らし向けの賃貸というのは、部屋数も少なくて坪数もそれほど大きくないのですけれど、そういう物件にロフトを組み合わせる事で部屋数が増えた様に使えます。 家族の誰かがロフト部分に布団を敷いて、残りの家族は下の部屋で寝るという風にするだけで、大きな部屋を増やさずとも家族が快適に過ごせる賃貸と変わります。 そういった横だけでなく上下のスペースを活かした賃貸が現在は増えており、昔と比べても賃貸は暮らしやすくなったと言われる理由です。