買い取り中

タイミングを把握

白い一戸建てと木

ワンルームやファミリータイプの中古マンションで不動産投資をする人も多くいます。これらの収益物件を保有する時には売却することを考える必要があり、この売却のタイミングで投資利回りが大きく変わってきます。いつ売却をするかということが不動産投資における妙味ということができますが、この売却時期を見定めるのはなかなか難しいことです。なぜならば、物件価格が上がっている期間というのは、手放す気にはなかなかなれないからです。このような悩みを抱えてしまいそうだと考えているのであれば、実際の収益物件を保有するのではなく、マンションやオフィスビルで運用をしている金融商品を保有するようにしましょう。そうすれば自らが収益物件の運用に携わることはなくなります。

これらの代表的な金融商品が上場不動産投資信託です。株式市場で購入することができ、日々の売買高もそこそこあるので、売却も容易です。そして何よりも、上場不動産投資信託の場合には、その運営会社が収益の成長を目指して、より良いタイミングで保有している収益物件の売却と購入を繰り返し、資産の入れ替えをしているのです。投資主はただ保有しているだけで、この収益物件から得られる利益を享受することができます。さらに複数銘柄の上場不動産投資信託に投資をしておけば空室リスクの分散もしっかりとできます。物件種類の異なる銘柄を保有することで、景気の良し悪しの影響を大きく受けない資産運用体制を作り上げることも可能となります。